道具・材料紹介

絞りやすくて扱いやすい♪セリアのホイップねんど

更新日:


スポンサードリンク

絞りやすくて扱いやすい♪セリアのホイップねんど


スポンサードリンク

 

 

 

前回がホイップ材だったので、今回もホイップ材をご紹介。

 

ちなみに前回の記事はコチラ→100円均一のお手軽デコミルクホイップ

 

ちょいちょい百均へ行っては粘土を覗いているのですが、

先日セリアで見つけました。

 

スイーツデコ専用?!と思わせるようなパッケージ

思わず手に取りレジに直行してお持ち帰りしました。

 

買おうか悩んでいる方、気になっていた方は是非見ていてってくださいね。

なお、あくまで結城の感想なので、ほかの方からすると違う感想になるかと思います。

 

粘土選びに困った場合の参考くらいで読んでくださいね。

 

 

 

■粘土の名前:ホイップねんど

 

 

■売っていた場所:Seria

■グラム:35g

■100グラム価格:285円

 

■パッケージ見た目:

パッケージに書いてある通り、

生クリームみたいなたのしいねんど!!

・・・と、スイーツデコ用の粘土みたいですよね。

 

というか、それしか書かれていません(笑)

 

あと、今まで紹介してきた粘土のように

造形するための粘土ではないので使い方が記載されています。

 

袋の上から良くもんで、先端の切取線に沿ってはさみで切ります。

 

粘土を先端に向けて絞り、ゆっくり真上に引き上げます。

 

………うまく絞れません(笑)

 

 

時間経つとラインも消えてしまうのでアウトです(笑)

 

別で用意した絞り口つけて絞ると

やりやすかったので用意した方が無難です。

 

ちなみに、粘土の固さはこのくらい。

 

 

多少指に粘土がつくけれども、丸められる固さです。

 

紙粘土みたいにけばけばする様子はなく、

わりと滑らかなホイップが絞れるのは好感触

 

スポンサードリンク

 

■乾燥後の状態

乾燥後の状態は思い切り軽量粘土…紙粘土です。

触ると柔らかな弾力があり、

耐久性には期待できなさそうなあの感じ。

 

持ち歩くものではなく、

ディスプレイ用の・・・写真立てとかのデコなら使えそうかも。

あとは磁石のカップケーキとか。

 

 

で、肝心の状態は、

パッケージをはさみで切って出したホイップの場合は、

やはりというか、ラインが見事に消えていました

 

 

一方、絞り口を用意したホイップだと

綺麗にラインが残りました。

 

・・・ということで、ホイップ粘土を使う際には

絞り口を用意しましょう。

 

この粘土だと、ホイップはもちろんのこと、

絞り出しクッキーも楽に作れそう

 

ということで、ホイップ粘土は買ってきてすぐにホイップ出来る粘土でした。

 

耐久性はないのですが、場所によってはすごく使い勝手のいい粘土だと思います。

 

もちろん、普通の粘土からホイップも作れますが、

手間を省きたい・手軽に作りたい場合には最適ですね。


スポンサードリンク

pc

スポンサードリンク

pc

スポンサードリンク

いつも閲覧ありがとうございます!

 

そろそろメールマガジン始めます。

・スイーツデコの始め方

・ブログだとちょっと載せにくい質問

・結城がやらかした失敗談

・結城の今までの詳細な体験談

・スイーツデコに役立つプレゼント

など、メルマガ限定情報いっぱいの予定です。

 

スイーツデコに関するお問い合わせはコチラから。

→ メールフォームでのお問い合わせ ←

 

ページ下のはてブやいいね!などの応援もとてもありがたいですm(_ _)m

これからも頑張りますのでどうぞよろしくお願いします!

-道具・材料紹介

Copyright© 初心者でも作れる簡単スイーツデコ【ゆうきの結々】 , 2018 All Rights Reserved.