粘土で作るお菓子のレシピ

【基本講座】粘土でつくる、クッキーの作り方!

更新日:


スポンサードリンク

【基本講座】粘土でつくる、クッキーの作り方!


スポンサードリンク

 

 

 

今度こそ!

 

前々からやりたいと思っていた

粘土を使ったクッキーの作り方のご紹介をします!

 

今回紹介するクッキーは基本の作り方です。

 

質感のつけ方や焼き色加減など、

基本のクッキーは作れば作るほど

スイーツデコの基礎的な部分の力が養えるスイーツです。

 

というわけで、結城のオススメでもあるので、

ぜひぜひ繰り返し作ってみてくださいね。

 

 

基本の材料と道具

 

・粘土(今回は軽量粘土)

・絵の具

・粘土板

・のばし棒

・歯ブラシ

・型

・スポンジ

あると便利→ベビーオイル

 

 

粘土に着色をする

イエローオーカーの絵の具で粘土に色を着けます。

 

お菓子を作ったことがある人は想像つくかな?

まさに、クッキーを焼く前の生地の色がベスト。

 

絵の具は一度に大量混ぜ込んでしまい、

色が濃くなってしまうと取り返しがつかなくなってしまいます。

 

ので、慣れないうちは少しずつ絵の具を加えて調整していきます。

 

ちょうどいい色になったらのばし棒で

生地を均一にのばしていきます。

 

ふっくらしたクッキーを作りたいのであれば8ミリくらい、

普通の型抜きクッキーを作りたいのであれば5ミリ弱くらいの厚さを目安に。

 

 

クッキーの形に成形する

次に歯ブラシでまんべんなく質感をつけていきます。

 

しっかりと歯ブラシを押し付けてからひっくり返して

再度歯ブラシを押し付けて質感をつければ、

裏面も質感が付けられます。

 

質感がついたら型抜きをしていきます。

 

事前に型にベビーオイルを塗っておくと、

質感を潰すことなく型から粘土を外せます。

型から外したら側面を整えます。

 

今回はふっくらクッキーを作るので、

歯ブラシで角の部分を押し当て丸くしてきます。

 

これで完成です。

 

普通の型抜きクッキーの場合は、

角を指で優しく押して緩やかにしておきます。

 

これで一度粘土を乾燥させます。

 

乾燥させる場所は、粘土の裏に跡がつかない平坦な場所。

乾燥後にぺりっと剥がれる場所。

この2つを考えるといいですよ。

 

スポンサードリンク

 

焼き色をつける

表面が乾燥したら色つけが可能です。

 

搾り出しクッキーの際に説明した、

ティッシュオフをしながら焼き色をつけていきます。

 

ティッシュオフのご紹介記事はコチラから↓

ほいっぷねんどで!粘土の絞り出しクッキーの作り方【後半】

 

できれば本物のクッキーを見ながら色をつけると

よりリアルな焼き色になると思います。

 

端っこにいくほどにこんがりとしているので、

そこを意識して上手くグラデーションになるように仕上げていきます。

 

これで出来上がりです。

中まで乾燥させてからニスを塗ればOKです。

 

 

道具と手順さえちゃんとすれば簡単に作れちゃうクッキー。

最初にも言ったとおり、スイーツデコの基礎部分がたっぷり詰まっています。

 

少し慣れてきたら市松模様や渦巻き模様などのクッキーを作って

幅を広げるのがオススメです。

 

美味しそうなこんがりクッキーは人気のスイーツデコパーツの一つです。

 

ぜひぜひチャレンジしてみてくださいね。


スポンサードリンク

pc

スポンサードリンク

pc

スポンサードリンク

いつも閲覧ありがとうございます!

 

そろそろメールマガジン始めます。

・スイーツデコの始め方

・ブログだとちょっと載せにくい質問

・結城がやらかした失敗談

・結城の今までの詳細な体験談

・スイーツデコに役立つプレゼント

など、メルマガ限定情報いっぱいの予定です。

 

スイーツデコに関するお問い合わせはコチラから。

→ メールフォームでのお問い合わせ ←

 

ページ下のはてブやいいね!などの応援もとてもありがたいですm(_ _)m

これからも頑張りますのでどうぞよろしくお願いします!

-粘土で作るお菓子のレシピ

Copyright© 初心者でも作れる簡単スイーツデコ【ゆうきの結々】 , 2018 All Rights Reserved.