道具・材料紹介 シリコンホイップ

【種類と特徴】スイーツデコのホイップクリームは?

更新日:

【種類と特徴】スイーツデコのホイップクリームは?


スポンサードリンク

 

 

 

パーツで言うと、マカロン、ケーキにシュークリーム。

作品で言うと、写真立てやケーキ型の箱、小物入れなどなど。

 

これらのスイーツデコ作品や部品となるスイーツを作るときに、

これがあったほうがいい! ほぼ必須!とも言える材料。

 

それは、ずばり、、、、

ホイップクリーム   になります。

 

 

本物のホイップクリームは白くてふわふわで

艶やかなフルーツや香ばしいさっくさくの生地を

美味しそうに引き立てます。

 

スイーツデコでのホイップクリームの立ち位置は、

本物のスイーツと同じよう

ほかのパーツを引き立てたり、はたまた接着に使用したり

・・・と、サブ的役割になることが多いです。

 

 

そんなホイップクリームについて

今回から何回かに分けてご紹介しようと思います。

 

スイーツデコでは登場回数の多いホイップクリーム。

ぜひぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

 

ホイップクリームの種類

スイーツデコで使用するホイップクリームの種類は、

大きく分けて3種類になります。

 

➀シリコン製のホイップクリーム

➁粘土製のホイップクリーム

➂その他の素材のホイップクリーム

 

作るものはホイップクリームですが、

素材によって扱い方、乾燥後などが大きく違ってきます。

 

それぞれ軽くですがご紹介します。

 

 

シリコン製のホイップクリーム

スイーツデコでホイップクリームといえばシリコンクリーム!

っていう人も多いのでは?と思います。

 

シリコンクリームの特徴としては、

接着剤としての使用が可能

乾くとツヤっとしている。ぷにぷに弾力性有り

種類によっては有毒性有り。匂いが気になる。

 

 

シリコンホイップの材料となるシリコンは、

ホームセンターに売っているので、

お手軽に安くホイップクリームを使いたい人にオススメ。

 

ただし、シリコンは身体にはよくない毒性がある種類があるので注意。

 

 

 

このタルトのホイップクリームはシリコン製です。

素材を間違えなければ接着剤としての利用は◎!

 

 

粘土製のホイップクリーム

以前、ご紹介したホイップクリームは

軽量粘土製でしたね。

 

参考:【種類と特徴】スイーツデコのホイップクリームは?

参考:100円均一のお手軽デコミルクホイップ

ざっと特徴をあげてみると、

・接着剤として使用は不可。

・絵の具で色がつけやすく、発色が良い。

・乾くと紙粘土なので艶はない。固い。

・取り扱いは容易で小さなお子様でも安全に扱える。

百均などでホイップ粘土として売っているのはコレ

 

私が一番好きなホイップです(笑)

 

軽量粘土でも作れるし、中途半端に余った樹脂粘土でも作れます。

着色も容易で、多少は指で形を整えられます。

シリコンは手にくっつくんですよね。

 

スポンサードリンク

 

その他の素材のホイップクリーム

ほとんどはシリコンクリームか粘土製になるのですが、

他にもジェッソやモデリングペーストなど

状況に合わせて使うことがあります。

 

そして、何気にこいつはアクリル樹脂製のホイップでした。

 

参考:【種類と特徴】スイーツデコのホイップクリームは?

あまり使わないような材料を使用する場合は

実験や検証などをして耐久性などをチェックする必要があります。

 

というわけで、今回はスイーツデコで使うクリームをざっとご紹介しました。

次回はお問い合わせをちらほら頂いている

シリコンクリームの使用法についてご紹介させてくださいね。

pc

スポンサードリンク

pc

スポンサードリンク

いつも閲覧ありがとうございます!

 

そろそろメールマガジン始めます。

・スイーツデコの始め方

・ブログだとちょっと載せにくい質問

・結城がやらかした失敗談

・結城の今までの詳細な体験談

・スイーツデコに役立つプレゼント

など、メルマガ限定情報いっぱいの予定です。

 

スイーツデコに関するお問い合わせはコチラから。

→ メールフォームでのお問い合わせ ←

 

ページ下のはてブやいいね!などの応援もとてもありがたいですm(_ _)m

これからも頑張りますのでどうぞよろしくお願いします!

-道具・材料紹介, シリコンホイップ

Copyright© 初心者でも作れる簡単スイーツデコ【ゆうきの結々】 , 2018 AllRights Reserved.