創作で使ったアレコレ

コスタさんでフレークシールを発注した話

投稿日:

 

デザフェスでシールを発注しよう!

と思い立ったので、色々シールを検討したんです。

 

始めは普通の、1枚シートになっているシールにしようかなあ…と思ったんですが、

意外と単価が高い。

 

私はもっと手軽に印刷所に発注したいんだ…!

と思ったので、フレークシールに切り替え印刷所を探しました

 

いくつか検討して、

今回はコスタさんという印刷会社にお願いしました。

 

今後また再度お願いするかもしれないし、

もし私のほかにも検討して迷っている人がいるかもしれないので

参考程度にまとめてみました。

 

主にサンプル注文~入稿までの詳細です。

コスタさんについて

シールの印刷を請け負っている印刷会社さんになります。

HPを見ると、全体的にわりと低価格なんじゃないかと思います。

 

リンクをぺたり。

 

データの入稿は、AIファイルと、PSDファイルのみなので注意。

A4シートシールだと他の形式も可能なようですが、

フレークシールは2種類のみ対応です。

 

レイヤーが分けられる一般的なイラストソフトなら

PSDファイルでの保存が可能なはず。

無料のイラストソフトもあるので、

もしないようであればネットで探してみるのもいいと思います。

 

ちなみに、フレークシールの注文方法は、

A4サイズに印刷したいシールを敷き詰めて…みたいな。

詳しくは、記事の下に書いてあるので読み進めてみてください。

決して、面倒くさくなったとかそういうわけではな((

 

ちなみに、必要日数。

土日祝日はお休みになっています。

そのお休み除いた営業日換算になるのが注意。

 

サンプルは、注文→早くて当日、翌営業日発送→3,4日後に到着

注文は、校了から4~5営業日後に発送+郵送日数

 

料金増しで発送が早くなるサービスはありません。

 

料金については、シールの金額+郵送料+追加サービス。

 

料金システムが複雑なので、詳細はコスタさんのHPで確認してください。

とりあえず、1シート(シール50個)なら800円から注文可能

シート増やすと割引になります。

4シート(シール50個)なら2000円とか。

 

郵送料は100~500円。日数基準で選ぶといいんじゃないかな。

サービスは、領収書の有無とか、簡易梱包で送るかとか。

 

 

サンプルの請求方法

私は意外と分からなかったサンプルの請求フォーム

 

場所は、上のメニューバーの「無料サンプル請求」をクリック。

各種用紙サンプルギャラリーではないのがポイント。

 

一応、URLを置いておこうかな。

面倒な方は、下の画像リンクからサンプルページに飛んでくださいな。

サンプルは6種類まで送付可能。

フレークシールは5種類あるので、頼むなら全部頼んでみたらいいんじゃないかな。

 

5種類はこんな感じ。

上質紙(白)、光沢紙(白)、クラフト紙(茶)、オリンパス(薄茶)、半透明紙 再剥離(白)

 

ただ、申込みをして実際に手元に届くまでには3、4日かかった…。

期間的に余裕がないと辛いので、気になったらとりあえず申し込みしてみるのがオススメですね。

 

 

サンプルの到着

サンプルが到着したので、さっそくあけてみました!

 

もちろんフレークシールの5種類、全部送ってもらいました(笑)

上記の写真だけだとわかり辛いので、

それぞれの感想などを簡単にまとめてみました。

 

光沢紙(白)・上質紙(白)

シールの印象としては、この2つが一般的な感じですかね。

 

ぱっと見同じ印象なんですが、違いは光の反射があるかないか。

光沢紙は一定の角度によって光を反射します。

真正面から見ると反射しないから、反射するたびはっとする。なんか。

 

上質紙は安定ですね。普通のシール用紙。

 

クラフト紙(茶)

クラフト用紙が台紙の特徴的な紙。

画像ではちょっと明るめに見えている感じですかね。

実際はもうちょっと暗めだと思ってもらっていいかも。

 

サンプルでひよこがいたんですが、黄色は正直見づらい

白色は印刷できないと思うので、白とか薄い色が少ない絵がいいんじゃないかと。

そこを考慮して作れたら味のあるシールになりそう。

 

オリンパス(薄茶)

写真の左側のシールです。

 

角度によって光を反射とかは特にない。

うっすら茶色が付いている以外には上質紙と似たような感じ。

この紙も白は印刷不可。

 

クラフト紙にしたいけど、黄色とか白があるんだよ!っていう場合や、

紙に少し特徴づけしたいならいいんじゃないかな。

 

半透明紙 再剥離(白)※料金10%増

先ほどの画像の右側。

これだけ料金10%増しという特殊シールになります。

 

貼ると半透明になるのが最大の特徴です。

ノートとかに貼ると罫線が見える感じ。

それと、ノートに馴染んでいい感じだなーと個人的には思いました。

 

普通のシールじゃなくて、ちょっと特別仕様にしたいならうってつけですね。

 

…と、そんな感じです。

 

一応、興味本位で水に濡らしたりしてみましたが、

インクのにじみなどはなし。

濡れても拭けば大丈夫でした。

 

さて、データの作成だ

シールのデータは用意してあること前提です。

入稿用のテンプレがコスタさんのHPにあるので、ダウンロードしましょう。

 

下の画像クリックでどうぞ。

イラストレーターがなければ、ZIP形式で。

CMYKのほうが綺麗にできるので、できればCMYKがお勧め。

 

イラストソフトで開いてみると、こんな感じで開きました。

画面の左側には入稿についての注意事項が記載されているので、

しっかり守りましょう。

これが守れていないと、入稿した後のチェックに引っかかります。

 

次に、レイヤーを確認してみると、3つほどあります。

参考画像は既にシールデータが出来上がっているのでなんかいますが、

実際にはデータがないはず。

 

作成ガイドには、画面左に書いていた入稿の注意事項が記載されています。

基本的にはノータッチなレイヤーです。

 

デザインのレイヤーにはシールのイラストや画像を貼っていきます。

注意事項としては、白は無着色(シール紙の色)なのでクラフト紙とかに刷るなら考慮が必要。

 

カット線については、フレークシールにする際にカットする部分。

HPに「カット線は可能であればパスデータで作成」と記載があって、

ちょっと迷ったんですが、こんな感じでOKみたいです。

作成ガイド非表示状態です。

色は何色でもいいと思うんですが、私は分かりやすい緑で。

シールとして必要な部分のみ着色、あとは無着色(透明)っていう感じです。

 

デザインとカット線のレイヤーが出来上がったら発注と入稿へ。

テンプレートをダウンロードしたページの下にある注文フォームから注文。

登録したメールアドレスに入稿フォームが記載されたメールがくるので、

クリックして進み、入稿を行います。

 

入稿後はコスタの担当者の方がチェックを行い、問題がなければそのまま印刷へ。

問題があるなら連絡があるみたいです。

 

私の場合は、10時頃に注文フォームの備考欄に「本日中に入稿希望」と記載して注文。

すぐに入稿。

16時くらいにOKの連絡と支払いについてのメールがありました。

 

タイミングとかによって連絡の速度とかは違うと思うけど、

参考にどうぞ。

 

 

…といった感じで、とりあえず印刷までこぎつけました。

これから支払いをして、発送してもらって、到着になるので楽しみです。

 

到着したら、また喜びをブログにあげたいと思います(笑)

ブログにお越しいただきありがとうございます!

ハンドメイドやスイーツデコに興味がある方は、
ぜひこちらのブログも見て行ってください。
私の本家のブログです。

初心者でも作れる簡単スイーツデコ【ゆうきの結々】

これからも、妄想広げつつ頑張りたいと思います!

-創作で使ったアレコレ

Copyright© 猫と和洋菓子の創作店 結菓子店 , 2017 AllRights Reserved.