道具・材料紹介

ふわふわパフィー~失敗しない計量~

更新日:


スポンサードリンク

ふわふわパフィー~失敗しない計量~


スポンサードリンク

 

 

 

今回からは実際に作り方をご紹介。

初めてやる方が失敗しないように!と張り切ったら長くなりました。。

 

ポイントが多くなるのですが、それだけ失敗するポイントが多いんです。

実際に作る手順を確認しながら、じっくりと学んでみてくださいね。

 

なお、ふわふわパフィーの対象年齢は15歳以上となっています。

(くわしくは混ぜ方編でご説明しています)

十分に注意して取り扱いをしてください。

 

 

実験前に確認して欲しいのはコチラ

参考:ふわふわパフィーの使い方~準備編~

 

簡単に作り方を確認

始める前に、簡単に作り方の工程を確認しましょう。

全体の流れを把握することは、スムーズにつくるコツの一つです。

 

ふわふわパフィーの行程は3ステップ。

➀材料を準備する

➁材料を計量する

➂混ぜる

 

➀については前の記事で紹介しました。

ふわふわパフィー本体はもちろん必要なんですが、型などはあらかじめ準備が必要です。

道具や材料が揃っていないと作れないので、確認してない人は前回の記事を確認してくださいね。

参考:ふわふわパフィーの使い方~準備編~

 

今回は➁の材料の軽量について説明します。

 

スポンサードリンク

 

失敗しない!材料計量のポイント

ふわふわパフィーの中には2つの溶剤が入っています。

 

蓋が白くて大きい、左がA液の主剤。

蓋が赤くて小さい、右がB液の硬化剤です。

 

この2つを混ぜ合わせることで反応が始まります。

 

混ぜるときの混合比は、缶にも記載されているとおり、

A(10):B(4)

の比率。

 

この比率を守らないと上手く膨らみません。

 

一応、こんな感じで付属のカップに目盛りが振ってあるのですが、必ずきっちり計量器で計りましょう

計量器は0.1g単位で計れる物が推奨です。

 

必要なそれぞれの溶剤の量は、

A(10):B(4)

といいましたが、私は実際にはこんな感じで計量しています。

(マフィンのカップに何やら書いてあるのですが、現段階ではスルーしてください)

 

基本量以外にも、何やらカップに記入されているのが分かると思います。

溶剤の基本量以外について、それぞれについて説明していきますね。

 

また、注意ですが、計量する際に2つの溶剤は絶対に混ぜないでください

 

 

A剤の計量について

A剤には20gの他に着色料を入れます。

 

ふわふわパフィーはそのままだと白くなるので、マフィン等にする場合はあらかじめ着色する必要があります。

膨らました後にも一応着色は出来ますが、難しいのでオススメしません。

 

なお、着色料が多くても失敗する確率が高くなります。難しい。

 

 

混ぜる際は、A剤と着色料をしっかりと混ぜる必要があります。

 

この状態はアウト。

溶剤と着色料が分離せずに一体になるまでしっかり混ぜます。

 

こんな感じに混ざればOKです。

 

 

 

B剤の計量について

B剤には、基本量(8)以外にも+0.5g強くらい入れておきます

 

2種の溶剤を混ぜる際にB剤をA剤のカップ入れるのですが、コップに若干量残るのでそれを想定しています。

 

ちなみに、ふわふわパフィーセットに入っているカップは、凹凸があるので0.8としてみました。

 

 

ここまでが計量についてです。

長々となってしまいましたが、それだけふわふわパフィーは繊細なのです。。

 

失敗の元は出来るだけ断ち切ってから行いましょう。

失敗すると、それだけお金が……(´;ω;`)


スポンサードリンク

pc

スポンサードリンク

pc

スポンサードリンク

いつも閲覧ありがとうございます!

 

そろそろメールマガジン始めます。

・スイーツデコの始め方

・ブログだとちょっと載せにくい質問

・結城がやらかした失敗談

・結城の今までの詳細な体験談

・スイーツデコに役立つプレゼント

など、メルマガ限定情報いっぱいの予定です。

 

スイーツデコに関するお問い合わせはコチラから。

→ メールフォームでのお問い合わせ ←

 

ページ下のはてブやいいね!などの応援もとてもありがたいですm(_ _)m

これからも頑張りますのでどうぞよろしくお願いします!

-道具・材料紹介

Copyright© 初心者でも作れる簡単スイーツデコ【ゆうきの結々】 , 2018 All Rights Reserved.