道具・材料紹介

100円均一のお手軽デコミルクホイップ

更新日:


スポンサードリンク

100円均一のお手軽デコミルクホイップ


スポンサードリンク

 

 

 

粘土以外にもまだまだあります、100円均一のスイーツデコ用品。

家にたまっている用品が結構あるので、

色々検証しつつご紹介したいと思います。

 

そろそろ自分の作品が作りたいなあ・・・と思いつつのご紹介。

なお、あくまで結城の感想なので、ほかの方からすると違う感想になるかと思います。

 

粘土選びに困った場合の参考くらいで読んでくださいね。

 

 

 

■粘土の名前:Deco Milk Whip ーデコミルクホイップー

 

 

■売っていた場所:Seria

 

■パッケージ見た目:

スイーツデコ用のホイップといった感じです。

 

ポイントとしては、

・チューブタイプで使いやすい

・手軽に使えるアクリル素材のホイップ

・保存が出来る密閉キャップ

・2種類のホイップが作れる

・・・と書いてあるとおり、これはアクリル樹脂のホイップです。

 

ホイップは基本的に粘土かシリコンなので、

目が肥えている人ならこのホイップを使っているって見るだけで気づくかも?

 

お手軽に使えるような形状と保存性はとても良い感じです。

 

 

■絞り心地

絞り口が、2つあるので両方とも使ってみました。

 

 

丸形の方は見てのとおりまっすぐに引くためのものみたいです。

なかなか力のいれ具合が難しく、一定の太さで引くのは難しいかも。

 

 

一方8切型の方は・・・普段見ているホイップより

ラインがはっきりしていて、若干の違和感が・・・(笑)

 

 

絞り口の大きさなどから、あまり大きな作品には使えないんですが、

ちょこっとしたものを作りたい!っていう場合には良いかも知れない。

 

 

■乾燥後

表面は固くなっていても中が柔らかいことが多々あるため、

大きさにもよりますが、1センチホイップなら2~3日程度おいた方が無難

 

粘土にはない、シリコンにも似たニスいらずの艶と質感が特徴的。

 

 

けれどシリコンみたいにぷにぷにではなく、固いです。

 

確かに、見慣れた人だと粘土でもシリコンでもない、

と気づくかもしれない感触です。

 

耐久度は軽量粘土よりはあるかな。

乾いてもラインが綺麗にでているのは◎。

 

 

ちなみに、何回か使いたい人は

使い終わったら絞り口を水で洗いましょう。

丸形も8切型も綿棒とつまようじできれいになります。

乾いてきれいに剥がせると思ったらぼろぼろになっちゃいました。。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

総評

内容量が少ないので大量にホイップが必要なときはコスト面が心配。

ただ、耐久度も軽量粘土よりはそこそこあり扱いやすく、

保存もしやすいところから、

スイーツデコ初めてだったり初心者におすすめのホイップ。

 

 

 

今回はアクリル樹脂ホイップのデコミルクホイップをご紹介しました。

 

買ってキャップを取り付ければすぐ使える手軽さは嬉しいですよね。

初めてのスイーツデコにいかがですか?


スポンサードリンク

pc

スポンサードリンク

pc

スポンサードリンク

いつも閲覧ありがとうございます!

 

そろそろメールマガジン始めます。

・スイーツデコの始め方

・ブログだとちょっと載せにくい質問

・結城がやらかした失敗談

・結城の今までの詳細な体験談

・スイーツデコに役立つプレゼント

など、メルマガ限定情報いっぱいの予定です。

 

スイーツデコに関するお問い合わせはコチラから。

→ メールフォームでのお問い合わせ ←

 

ページ下のはてブやいいね!などの応援もとてもありがたいですm(_ _)m

これからも頑張りますのでどうぞよろしくお願いします!

-道具・材料紹介

Copyright© 初心者でも作れる簡単スイーツデコ【ゆうきの結々】 , 2018 All Rights Reserved.